海外旅行傷害保険と駐在員保険と留学保険

海外旅行傷害保険というのがあれば、海外に旅行をしている際のあらゆるトラブルに対応することが出来ます。石畳で躓いて足をくじいてしまったとき、食あたりを起こしてしまったとき、引ったくりにあってしまったとき、乗る予定の飛行機が大幅に遅れてしまったときなど、海外の旅行に起こりうるあらゆるトラブルに対応してくれます。しかし、海外旅行傷害保険にも対応できないケースというのがあります。それは、旅行期間が3ヶ月以上になるときです。そもそも、海外に旅行に行くのに、3ヶ月以上旅行をしている人はあまりいません。

薄毛・発毛治療の依存症
薬用ホワイトレディの依存症
あの頃のくすみ対策
白髪の原因知りたいなら知恵袋
シミ対策のことならYahoo!知恵袋

しかし、世界一周をしている人などは、3ヶ月以上旅行をしているということもざらです。そして意外なことに、短期の出張や3ヶ月以内の留学をしている人たちは実は、海外旅行傷害保険をつけて渡航をしております。別に旅行でなくても構わないのです。しかし3ヶ月以上にわたる長期の留学や出張となりますと、海外旅行傷害保険では対応できません。というのも、この保険は3ヶ月が上限となっているからです。では、3ヶ月を越える留学や出張の人はどうすればいいのでしょうか。改めて3ヶ月の旅行保険に入るという手もありますが、それでは3ヶ月ごとに更新をするようなもので、非常に面倒くさいです。実は、長期の留学や出張向けには、留学保険や駐在員保険というのがあります。もちろん、1年以上の長期間でも対応しておりますし、長期ならではのリスクにもしっかりと対応しております。

Just another WordPress site